通販の手提げ袋、チラシ、テレビといった広告媒体|プロパガンダ

アピールの媒体

企業などで自社商品をアピールするにあたり、どのメディアを使うかは思案する所です。新聞や雑誌に掲載する方法もありますし、ラジオのコマーシャルで宣伝するなどの方法もあります。 いろいろある手段の中で、最も宣伝効果が見込めるのはテレビ広告でしょう。視聴率のことがテレビの業界ではよく話題になりますが、それはその番組のスポンサーになっている企業も注目する数字なのです。視聴率がいいということはイコール多くの人が見ているということになり、それだけ自社のコマーシャルを見ている人が多いということになるからです。すぐに効果は出なくても、全国津々浦々どこに住んでいる人にも情報が届くという意味では、テレビ広告の効果は絶大なのです。

テレビ広告は効果が大きい分、費用も新聞や雑誌掲載の広告よりも高くなります。従って、その広告を放映する番組や時間帯を十分に社内で議論しておくと良いでしょう。高齢者向けの商品を販売している会社の広告を、人気アイドルグループが出演するバラエティ番組のコマーシャルで流しても、それを見ている高齢者が少ないと考えられますのでコストパフォーマンスは低いです。宣伝したい商品を多く購入しような年齢層の人が多く視聴している番組にテレビ広告は出すべきなのです。 社内の広告宣伝管轄の部署は、社員にもテレビ広告を流して自社商品を宣伝している旨をメール等で情報を知らせておくと良いです。放映時間も知らせておくと、社員もそれを見てモチベーションがアップするのです。