通販の手提げ袋、チラシ、テレビといった広告媒体|プロパガンダ

昔ながらの宣伝

地域で催すお祭りやフリーマーケットなど、幅広い年代層の方々に足を運んでもらいたいイベントを開催する場合、必ずチラシを制作して宣伝するようにしましょう。 近年はインターネットを使った広告が一般化しつつありますが、インターネットは年代によっては行なわない方々もおられます。特にご高齢の方になるほど馴染み薄いものですから、地域のイベントの宣伝場所として向いていません。 チラシのデザインから印刷まで一括して請け負ってくれる業者が存在していますので、そのような業者に仕事を依頼すると良いでしょう。 例えばA4のチラシをデザインして100枚刷ってもらう場合、12,000円ほどで制作してくれる会社があります。印刷費用を考えれば随分安く済みますので、検討してみましょう。 同じサイズと枚数で両面印刷の広告を作る場合、23,000円で済ませる事ができます。

近年のようにインターネットが一般化する前の時代、チラシは一般的な宣伝ツールでした。チラシは江戸時代にも存在していたものであり、お店の宣伝や情報伝達を行なう際に利用されていたのです。 元々「チラシ」の由来は「散らし」にあるとされ、大勢の人達に散布する広告だった事が分かります。 チラシの魅力は情報伝達ツールとしての魅力だけでなく、そのデザイン性にあると言う事ができます。多様なフォントやカラー、イラストを使って独自のデザインを作り上げれば、情報以上にお店を宣伝する効果が生まれます。 特に化粧品宣伝や雑貨店の宣伝であれば、商品の情報よりもチラシデザインがお客様を呼び込む事があるのです。 自分達で外注してチラシを作ってもらう場合、デザインの打ち合わせは念入りに行ないましょう。